保湿化粧品を使おう|肌のトラブルを解決できる

婦人

理想的スキンケア商品

スキンケア用品

効果を高める工夫

にきび跡を治すには、ビタミンc誘導体が配合された化粧品が人気になっています。赤みを持った炎症をビタミンcの抗炎症作用で治し、凹凸のある肌はビタミンcによってコラーゲンを生成して凹凸のない肌を取り戻してくれます。ビタミンc誘導体は、体内に浸透しやすいように水溶性または脂溶性の化合物と合成されています。新型ビタミンc誘導体は水溶性の即効性と脂溶性の浸透力と持続性を兼ね備えた新しい構造のもので、化粧品にも多く配合されるようになってきました。さらに肌への浸透力をあげるためには、洗顔した後の吸収力があがったときにビタミンc誘導体入りの化粧品を使うと良いですが、シートマスクを使ったり、イオン導入器と一緒に使うとより効果を高めることができます。

新型と濃度のチェック

化粧品には新型ビタミンc誘導体といった記載はすることができません。そのため、新型ビタミンc誘導体が使われているかどうかは、「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」または「APPS」と記載されているものを選ぶと良いでしょう。また、ビタミンc誘導体の配合割合もチェックしておくとよいでしょう。医療用では5%から6%の濃度のビタミンc誘導体が使われていますが、化粧品には3%以上含まれていると良いとされています。しかし、化粧品には濃度の記載義務はありません。それでもしっかりビタミンc誘導体の濃度を記載している化粧品もあります。記載がなかった場合は、成分表示の上部にパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naの表示がある方が濃度が高い傾向があります。